忍者ブログ
Admin / Write / Res
安らかな日々の記録
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[12/22 IM]
[12/22 miki]
[11/16 miKi]
[11/11 IM]
[11/10 mokeke]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
IM
HP:
性別:
男性
職業:
フリーター
趣味:
読書 物書き 映画鑑賞
自己紹介:
どもども~ IMです。
よろしくお願いします。
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
[86]  [85]  [84]  [83]  [82]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 バイト帰りに上司が所属している劇団の芝居を見に行ってきました。一週間前くらいから誘われていて良い機会だと思ったので見に行く事にした次第です。

 これまで映画や小説、漫画などのエンターテイメントは堪能してきましたが、生の人間がやる芝居は一切見た事がありませんでした。そういった意味で全くの未知の領域に参加した私はドキドキもんでしたね。

 会場は思ったよりも狭く、通路も狭かったのですがその分目の前に小さな舞台があり、より近くで役者の演技が感じ取れて新鮮でした。
 時間は75分ほどでストーリーは四人の男がなぜか生死の境の世界におり、お互いに全く知らない者同士で奇妙な人間関係や交錯を描いてくというもので大変面白かったです。一人一人の個性がきちんと描かれていて、限られた中でそのキャラを存分に表していたと思います。

 終わった後にささやかな飲み会が開かれて、観客と交流するという場がある事にも驚きました。僕もビール飲みながら上司を含めた役者さんや主催者の方と談笑できてとても有意義な時間を過ごす事ができました。
 
 文や絵とはまた違ったエンターテイメントを肌で感じる事が出来てよかったです。機会があったらまた行ってみたいと思います。


◎リガメの一言
001bfb9d.JPG



「俺も役者として舞台に立てれっかな?」





( ゚Д゚) 「精々、小道具どまりだな」

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人にのみ表示)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright ©  川のせせらぎ All Rights Reserved.
* material by Pearl Box   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]